フレッシュホップフェスト2016

Fresh Hop Fest News

  • 国産ホップのスター品種を――スプリングバレーブルワリー田山智広さんに聞く
  • ビールは香りの文化があってこそ――キリンビール村上敦司さんに聞く

2016.9.12ホップの品種

【ホップ概論 第6回】カスケード

今回からはホップの品種にフォーカスしていきます。まずはカスケード。第4回でも少し触れましたが、カスケードはアロマホップの代表的銘柄です。

リバティーエール(アンカーブルーイング)やシエラネバダ・ペールエール(シエラネバダ)といった、アメリカンクラフトビールの創成期に人気を博したビールがカスケードを使っています。

カスケードは、イギリスのファグルというホップの系統で、それにロシアのセレブリアンカーなどいくつかのホップをかけあわせています。アメリカのオレゴン州立大学で品種改良され、1972年にリリース。フローラルかつシトラスなアロマが特徴で、たちまち人気に…というほどではなく、1975年にリバティーエール、1980年にシエラネバダ・ペールエールで使われるようになり、徐々に人気になっていきました。

もちろん、日本でも人気のホップで、よなよなエール(ヤッホーブルーイング)など多くのビールで使用されています。

カスケード(Cascade)
α酸:4.5〜7%
β酸:4.8〜7%
Total oil:0.7〜1.4%

アンカーリバティーエール 1975年のから造られているアメリカンクラフトビールの先駆けともいえるビール。ホップはドライホッピングも含めて、すべてカスケードを使用している。シトラスアロマが魅力。アルコール度数5.9%。

アンカーリバティーエール
1975年から造られているアメリカンクラフトビールの先駆けともいえるビール。ホップはドライホッピングも含めて、すべてカスケードを使用している。シトラスアロマが魅力のペールエール。アルコール度数5.9%。

富江弘幸

ビアジャーナリスト・ビアライター

富江弘幸

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国に留学し、四川大学海外教育学院修了。帰国後は新聞社で書籍等の編集者に。現在はビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:『ビール王国』(ワイン王国)、『厳選世界のビール手帖』(世界文化社)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のクラフトビールが飲める120店』(エンターブレイン)など

Twitter:hiroyukitomie