第2回フレッシュホップフェスト2017

日本のホップ生産者とビールのつくり手、
そして飲む人を繋いでいきたい!

フレッシュホップフェストは、今年収穫した国産ホップでつくったビールを楽しむお祭りです。
昨年行われたイベントでは、19のブルワリーと22のビアバーが参加しました。

2017.7.29ニュース

今週のホップ関連ニュース(7月22〜28日)

梅雨も明け、ホップ収穫の時期が近づいてきましたね。一部ではすでに収穫が始まっている地域もありますが、いよいよホップ収穫も本番。いろいろなメディアでホップ関連ニュースが取り上げられていますので、いくつか紹介しましょう。

 

ホップ畑で乾杯/岩手・遠野市(7月24日、IBC岩手放送)

ホップ畑の中でビールを楽しむイベントが開催されたことを紹介しています。参加者80名は、ホップ畑で遠野産の野菜「パドロン」の素揚げとともにビールを楽しんだとのこと。動画もあります。

 

横手でホップ収穫体験ツアー 県外女性を対象に(7月26日、横手経済新聞)

フレッシュホップフェストのFacebookページでも紹介した記事です。秋田県・横手産ホップの収穫体験ツアーが8月11日・12日に開催されます。秋田県外の女性が対象。

 

地ビール用ホップ収穫 延岡の会社「国内外に発信したい」 /宮崎(7月27日、毎日新聞)

宮崎ひでじビールが、14日にホップを収穫。気候の違いもあり、東北より約2カ月早く収穫できたそうです。同社は試作品を9月までに醸造する予定。

 

遠野産ホップ使用ビール 今年も発売へ/岩手(7月27日、IBC岩手放送)

遠野産ホップ「IBUKI」を使った「一番搾り とれたてホップ生ビール」が今年も販売することになり、岩手県庁で記者会見が行われました。同商品は今年で14年目となり、10月24日から全国で販売予定。動画もあります。
「一番搾り とれたてホップ生ビール」のリリースはこちら。

 

収穫まであと少し。今年のホップがどんなビールになるか、楽しみに待ちましょう!

富江弘幸

ビアジャーナリスト・ビアライター

富江弘幸

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国に留学し、四川大学海外教育学院修了。帰国後は新聞社で書籍等の編集者に。現在はビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:『ビール王国』(ワイン王国)、『厳選世界のビール手帖』(世界文化社)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のクラフトビールが飲める120店』(エンターブレイン)など

Twitter:hiroyukitomie