今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

201991(日)1130(土)

~ホップそよ風通信~【秋田県横手市ネストビール圃場〜収穫スタート】

宮原佐研子

ビアジャーナリスト/ライター 宮原佐研子

茨城の木内酒造(常陸野ネストビール)のホップ圃場は、茨城の額田工場脇の他に秋田県横手市に契約圃場があります。

その秋田県横手市の圃場より、ホップの生育状況の画像が届きました。

常陸野ネスト

▲6月下旬現在の伸長状況

常陸野ネスト

▲早いものは6月初めには、ホップの花(毛花)が咲いた

秋田県横手市の今年の気候は、雨が少なく、高温の日が続いています。
「例年と比べて、ホップの生育には最悪な天候で苦戦しています」とホップ圃場で委託栽培を担当する小棚木裕也さん。

7月に入り、毬花がついて成熟したものから順に収穫をスタート、7月半ばでほぼ収穫は完了する予定とのことです。
「関東では梅雨寒が続いているようですが、東北は暑く、その中でも秋田は暑すぎるほどの気温が続いています。通常、成長の早い外来種だけでなく、今年は国産種も例年より早い開花となっていて、その分減収を大きく見込んでいます」と小棚木さん。

天候による農作物へのリスクは避けられないものではありますが、少しでも実り多い収穫になることを応援しています!

☆写真はすべて小棚木様よりご提供いただきました。

宮原佐研子
ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など