今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

201991(日)1130(土)

目指すは神戸産100%のビール! IN THA DOOR BREWINGの思いとは

富江弘幸

ビアライター 富江弘幸

麦、ホップ、水といった原材料をすべて神戸で賄う。

そんな神戸産100%のビールを目指す醸造所が、神戸市中央区にあります。2015年4月にオープンしたIN THA DOOR BREWING。「地域密着型醸造所」「リアルローカルブルワリー」を掲げ、この土地ならではのビールを併設のレストランで提供しています。

では、IN THA DOOR BREWINGはどんな醸造所・ビールを目指しているのでしょうか。その思いを紹介していきましょう。

神戸で育った麦とホップだけを使ったビールを

IN THA DOOR BREWINGが造るビールは、レギュラーが6種類、季節限定が2種類。季節限定ビールは、地元の農家が育てた旬の農産物を使っています。

そして、その仕込みに使用している水は、神戸の天然水。六甲山系の花崗岩で自然にろ過された「神戸ウォーター六甲布引の水」で、この水を100%使用してビール醸造しているのはIN THA DOOR BREWINGだけだそうです。硬度113の中硬水で、神戸でも日本酒の仕込み水としても使われています。

もちろん、ホップも神戸で育ったものを使用。フレッシュホップフェストへの参加は2019年からですが、昨年も神戸で育ったホップを使ったビールを醸造し、お客さまにも楽しんでもらったとのこと。

最終的には、神戸で育った麦とホップだけで造るビールを目指しているそうです。

IN THA DOOR BREWINGのフレッシュホップビールとは?

「フレッシュホップフェストはビジョンが明確で、私たちが目指しているビールのあり方と同じだと感じました。全国で同じように地元に根付いて醸造されているブルワリーが沢山あることもすごく嬉しく、そういう方々とともに一緒に盛り上げたいと思っています」と言うIN THA DOOR BREWINGの中村美夏さん。

そんなIN THA DOOR BREWINGのフレッシュホップビールは、神戸で育ったホップを使ったものになるとのこと。神戸市中央区・北区・西区の農家がホップを育てており、特に西区の農家はIN THA DOOR BREWINGとともにプロジェクトを進めています。

この西区の農家さんが育てている大麦を製麦し、その麦芽とホップで醸造する予定だそうです。そうなると、まさに「神戸のビール」といえるものに。IN THA DOOR BREWINGが目指すブルワリーのカタチに一歩近づいたといえるかもしれません。

ビールのリリースはまだ未定ですが、状況が分かり次第また紹介したいと思います。

DATA

IN THA DOOR BREWING
住所:兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町3-3-26-1F
URL:http://inthadoor.com/

 

富江弘幸
ビアライター

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、英字新聞社ジャパンタイムズ勤務を経てビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。

【著書】
教養としてのビール(サイエンス・アイ新書、SBクリエイティブ)
BEER CALENDAR(ワイン王国)

【執筆・監修】
Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)
東京人(都市出版)
ビール王国(ワイン王国)
ビール大全(楽工社)
るるぶキッチンmagazine 秋冬号(JTBパブリッシング)
あなたのしらない、おいしいビール(cakes)
他多数。

【出演】
浜美枝のいつかあなたと(文化放送)

Twitter:hiroyukitomie
Website: http://www.hiroyukitomie.me/