今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

201991(日)1130(土)

20周年を迎えた横浜ビール。今年もアメリカンIPAでFresh Hop Fest 2019に登場!

木暮 亮

木暮 亮

横浜の人たちが誇りに思えるビール。そして、つくっている自分たちもワクワクするビールを醸造している「横浜ビール」。直営レストランでのイベントや横浜ビールランニングクラブと様々な催しでビールファンと積極的な交流を行っている今年20周年を迎えた老舗のブルワリーです。

「素材の特長を生かした香りとバランスと思わずおかわりしたくなるようなドリンカビリティなビールづくりを心がけています」とヘッドブルワーの深田優氏はいいます。

International Beer Cup(国際ビール大賞)で数々の受賞歴をもつ「ピルスナー」「アルト」「ヴァイツエン」などのレギュラービールのほか、「綱島桃エール」をはじめ、地元でつくられた原材料を使用したビールを幅広く醸造しています。

第1回目から連続参加しているFresh Hop Festには、どのような思いをもっているのでしょうか。

「横浜でもこだわりと熱意を持ってつくられたホップと人がいる事を知ってもらいたいんです」と、やはり地元に馳せる思いがありました。

気になる今年のビールは、昨年の横浜産カスケードなど使ったヨコハマIPAと同じくアメリカンIPAを醸造するとのこと。仕込みは8月上旬を計画していて、9月中旬ごろから発売する予定です。

★横浜ビールが使用予定のホップを栽培している「古川源農園」の記事「すべては地域農業のために!」はこちらから。

その土地のテロワールを楽しめるのもフレッシュホップビールの醍醐味だと思います。横浜にお住まいの方には、ぜひ飲んでいただきたい1杯ですし、IPAが大好きなビールファンの方にも楽しみにしていてほしいビールです。

あと1ヶ月ほど、どんなビールなのかを想像しながら過ごしたいと思います。


◆横浜ビール Data

住所:〒231-0013 神奈川県横浜市住吉町6-68-1 関内地所ビル

電話:045-212-9633

Homepage:www.yokohamabeer.com

Facebook:https://www.facebook.com/yokohamabeer/

木暮 亮

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

日本ビアジャーナリスト協会ホームページにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。