今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

201991(日)1130(土)

湘南唯一の酒蔵が造る湘南ビール。京都与謝野産ホップでセッションIPAを

富江弘幸

ビアライター 富江弘幸

日本各地には、ビールを醸造している蔵元はいくつもあります。湘南ビールを醸造している熊澤酒造もそのひとつ。

ただ、湘南で残っている酒蔵は熊澤酒造だけ。明治5年に創業し、約150年もの間、湘南で酒を造り続けてきました。

そして、1996年に造りはじめたのが湘南ビール。ピルスナー、アルト、シュバルツなどのジャーマンスタイルを定番にしており、年間で35種類のビールを醸造しています。これまでにワールドビアカップでも5度受賞するほどの実力。

熊澤酒造は、ただお酒を造るというだけではなく、「何かを生み出す磁力を持った場所」で「地域文化の中心地」でありたいと考える酒蔵。それが湘南ビールにも表れており、地元のフルーツを使用したビールも醸造しています。

京都与謝野産ホップを使ったセッションIPA

写真のビールはFRESH HOP IPAとは異なります

写真のビールはFRESH HOP IPAとは異なります

地域とのつながりを重視している熊澤酒造が、フレッシュホップフェストに参加したのはある意味で当然のことかもしれません。

フレッシュホップフェスト参加の理由について、「日本のホップ農家の応援と、日本らしいビール醸造のきっかけになると考えたからです」とブルワーの筒井貴史さん。

そんな湘南ビールのフレッシュホップビールは「FRESH HOP IPA」。京都与謝野産のフレッシュホップを使ったセッションIPAで、センテニアルとチヌークを使用しています。

筒井さんによると、「フレッシュホップらしいグラッシーで青々しいアロマとフレーバーが特徴です。アルコール度数は4.5%と低く設定し、フレッシュホップの特徴をしっかり感じながら、何杯も飲めるIPAに仕上げました」とのこと。

湘南ビールのFRESH HOP IPAは8月末から発売予定。9月中旬くらいには完売してしまいそうだとのことなので、飲み逃さないように。

DATA

湘南ビール(熊澤酒造株式会社)
住所:神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7
URL:https://www.kumazawa.jp/

富江弘幸
ビアライター

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、英字新聞社ジャパンタイムズ勤務を経てビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。

【著書】
教養としてのビール(サイエンス・アイ新書、SBクリエイティブ)
BEER CALENDAR(ワイン王国)

【執筆・監修】
Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)
東京人(都市出版)
ビール王国(ワイン王国)
ビール大全(楽工社)
るるぶキッチンmagazine 秋冬号(JTBパブリッシング)
あなたのしらない、おいしいビール(cakes)
他多数。

【出演】
浜美枝のいつかあなたと(文化放送)

Twitter:hiroyukitomie
Website: http://www.hiroyukitomie.me/