今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

201991(日)1130(土)

10年間ホップを栽培してきたOH!LA!HO BEER。秋仕込IPAをフレッシュホップで

富江弘幸

ビアライター 富江弘幸

自社で栽培したホップでビールを造る。

今でこそそういったブルワリーも増えてきましたが、その先駆けともいえるのが長野県東御市にある信州東御市振興公社のOH!LA!HO BEER。「わたしたち」を意味する「おらほ(OH!LA!HO)」という方言が名前の由来で、日帰り温泉施設「湯楽里館」の隣でビールを醸造しています。

OH!LA!HO BEERは、1996年に醸造を開始して今年で23年にもなります。「we jam out the beer like a band!!」をスローガンとし、ジャムセッションで曲を作るようにビールを醸造。レギュラービールは、「綺麗さ」「飲みやすさ」を基本として醸造し、ホップを感じるなかにも「綺麗さ」を追求しています。

ホップにこだわるうちに、自社でホップを栽培するようになり、収穫祭を毎年開催。それも今年で10周年を迎えました。

自社栽培ウェットホップでIPAを

オラホビールホップ園

そんなOH!LA!HO BEERは、フレッシュホップフェストの考えに共感して参加。2017年のホップサミットにも戸塚正城さんが登壇しています。

それだけホップに思いのあるOH!LA!HO BEERが造る今年のフレッシュホップビールは「ビエール・ド・雷電 季節仕込ビール 秋仕込みIPA」。

オラホビール秋仕込IPA

例年は秋限定IPAに自社栽培乾燥ホップを使用していたのですが、今年はウェットホップを使用。350ミリリットル缶と10リットル樽での販売を予定しているそうです(数量限定)。

販売開始は9月13日(金)。OH!LA!HO BEERのフレッシュホップビールが飲めるようになるまでもう少しです。

DATA

OH!LA!HO BEER
住所:長野県東御市和3875
URL:http://tomi-kosya.com/ohlahobeer/

富江弘幸
ビアライター

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、英字新聞社ジャパンタイムズ勤務を経てビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。

【著書】
教養としてのビール(サイエンス・アイ新書、SBクリエイティブ)
BEER CALENDAR(ワイン王国)

【執筆・監修】
Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)
東京人(都市出版)
ビール王国(ワイン王国)
ビール大全(楽工社)
るるぶキッチンmagazine 秋冬号(JTBパブリッシング)
あなたのしらない、おいしいビール(cakes)
他多数。

【出演】
浜美枝のいつかあなたと(文化放送)

Twitter:hiroyukitomie
Website: http://www.hiroyukitomie.me/