今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

201991(日)1130(土)

ホップ農家の思いを伝えるビールを!ホップ産地だからこそできる遠野麦酒ZUMONAのビール

富江弘幸

ビアライター 富江弘幸

1963年からホップ栽培が始まった岩手県遠野市。

栽培面積では日本一の規模を誇る遠野市ですが、ホップ栽培のピークは1983年頃でした。現在は、ホップ農家の高齢化や後継者不足により、収穫量が激減。このままではいけないと遠野では官民一体となって、「ビールの里」を目指しています。

そんな遠野市で造られるビールとして、今年で20周年を迎えるのが上閉伊酒造の「遠野麦酒ZUMONA」。

「遠野麦酒ZUMONA」は、遠野産ホップだけを使ったフレッシュホップビールを提供する予定です。

ホップ産地遠野のIBUKIをシングルホップで使用!

上閉伊酒造「遠野麦酒ZUMONA」

上閉伊酒造の「遠野麦酒ZUMONA」は、六角牛山の伏流水と遠野産ホップを使用しているのが特徴。

遠野産のIBUKIをシングルホップで使用し、IBUKIのグレープフルーツやレモンを思わせる香りを生かしたビールを造っています。

2018年には、遠野産ホップIBUKIを100%使用したゴールデンピルスナーが、インターナショナルビアカップのBohemian-Style Pilsenerで金賞を受賞しました。

「遠野麦酒ZUMONA」のアドバンテージは、ホップ産地でビールを醸造できるということでしょう。「ホップ農家が近くにいるからこそ、ホップ農家の思いを伝えるビールづくりを目指している」とブルワーの坪井さん。

10月4日から遠野麦酒ZUMONAのフレッシュホップビールを解禁

上閉伊酒造「遠野麦酒ZUMONA」

「遠野麦酒ZUMONA」が造るフレッシュホップビールは、次の2種類。

  • 遠野の華2019(ウィートエール)
  • 遠野のホップ農家から~IBUKI HOP SAISON~ ver.FRESH HOP

どちらも、10月4日から始まる横浜オクトーバーフェストで解禁される予定です。

DATA

遠野麦酒ZUMONA(上閉伊酒造)
住所:岩手県遠野市青笹町糠前31-19-7
URL:http://kamihei-shuzo.jp/

富江弘幸
ビアライター

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学、英字新聞社ジャパンタイムズ勤務を経てビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。

【著書】
教養としてのビール(サイエンス・アイ新書、SBクリエイティブ)
BEER CALENDAR(ワイン王国)

【執筆・監修】
Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)
東京人(都市出版)
ビール王国(ワイン王国)
ビール大全(楽工社)
るるぶキッチンmagazine 秋冬号(JTBパブリッシング)
あなたのしらない、おいしいビール(cakes)
他多数。

【出演】
浜美枝のいつかあなたと(文化放送)

Twitter:hiroyukitomie
Website: http://www.hiroyukitomie.me/