今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

201991(日)1130(土)

イサナブルーイング 10/5 フレッシュホップビター リリース!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

フレッシュホップフェスト新規参加となる東京都昭島市のブルワリー、「イサナブルーイング(ISANA BREWING)」。10/5にフレッシュホップビール「フレッシュホップビター」をリリースします。ナイトロ(窒素)版も提供予定。その紹介をいたします。

参考:イサナブルーイングの紹介およびフレッシュホップビールの醸造について

フレッシュホップビールについて

フレッシュホップビター

ビターエールは、イギリスのビアスタイルの1つであり、まろやかな苦み、モルトの甘味、酵母によるフルーティな香りを持ち、アルコール度数も低めでとても飲みやすいビール。8月末に、フレッシュホップを使ったビターの仕込を行い、発酵・熟成の期間を経て、いよいよお披露目となります。

フレッシュホップ投入を行う「千田 恭弘」氏

「イサナブルーイング」のオーナー兼醸造家「千田 恭弘」氏より、下記のメッセージをいただいております。

イサナブルーイングのフラッグシップ、とりあえずビターのフレッシュホップバージョンです。今回は醸造1周年を記念して6種類ものモルトを使用してビターを設計しました。 ホップは北杜市のホップ農家、小林さんから購入したカイコガネです。その優しい香りはイングリッシュ系のビターと相性抜群です!

フレッシュホップビター

フレッシュホップビター ナイトロ版(窒素ガス版)

ナイトロとは、窒素ガスによる非常にきめ細かいクリーミーな泡立ちと、香りもより華やかに感じる提供方法です。提供直後は、ほぼ全てが泡に見えるほど。時間がたつと液面が上がってきます。ナイトロにもこだわりのある「イサナブルーイング」、フレッシュホップビターもナイトロ版での提供を行います。

「イサナブルーイング」のオーナー兼醸造家「千田 恭弘」氏より、下記のメッセージをいただいております。

窒素を使ったビールは黒ビールがほとんどですが、イサナブルーイングはビターにも窒素を詰めてしまいます。さすがにビターにナイトロは不向きか?と恐る恐る試すとクリーミーな窒素の泡とビターのモルト感が最高の組み合わせです。他では飲めないナイトロフレッシュホップビター!提供量がわずかなためお早めに!!

フレッシュホップビールを味わうには

「フレッシュホップビター」は、青梅線昭島駅南口より徒歩3分の距離にある「イサナブルーイング」にて、10/5に提供開始予定。店舗では、炭酸ガス版とナイトロ版(窒素ガス版)の両方を味わえます。そのため、飲み比べをおススメします。

また、下記のイベント出店時に提供を予定しています。

・10/12 むさし府中ビール祭り

※イベント出店は変更や中止の可能性があります。訪れる際は事前確認お願いします。

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


■ISANA BREWING(イサナブルーイング)
営業時間:
[月火木金]  11:30~14:30(火曜はランチ休), 17:30~22:00
[土日祝]  11:30~22:00
休業日:水曜日
WEBサイト:https://www.isana-brewing.com/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/isanabrewing/
電話番号:(お客様専用)050-5327-9884

※臨時休業や営業時間の変更の可能性もあります。
訪れる際は、事前にご確認をお願いします。

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!