今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

201991(日)1130(土)

京都府亀岡市産のホップと麦芽を使用した「K80 ゴールデンエール 亀岡ハーベストブリュー」。一乗寺ブリュワリーより2019年11月15日(金)発売

木暮 亮

木暮 亮

まもなく終幕する「FRESH HOP FEST.2019(以下FHF)」。今年は参加ブルワリーも2倍に増え、多くのフレッシュホップビールが登場しました。しかし、まだ終わりではありません。京都府にある「一乗寺ブリュワリー」より地元のホップと麦芽を使ったフレッシュホップビールの情報が入ってきました。

商品名:K80ゴールデン

商品説明:亀岡産大麦麦芽100%、亀岡産ホップ(IBUKI)約90%を使用した王道のゴールデンエール。IBUKIの醸し出す優しいフローラルな香りと麦芽の穏やかながらも芳醇な風味が、一乗寺が醸し出す“京都らしさ”です。

ビアスタイル:ゴールデンエール

使用京都産原料:麦芽 (亀岡産大麦製麦芽を100%使用)、ホップ(亀岡産IBUKIを約90%使用)

アルコール度数:5.0%

IBU:32

発売日:2019年11月15日(金)

販売方法:10L樽

外販:あり。メールまたは御電話でのお取引

お問合せ先:075-702-2002

担当者:横田 林太郎

今回、使用したホップは、5年前に東京から亀岡にiターン就農した武山裕玄(ゆうげん)氏が、西別院町犬甘野(いぬかんの)地区で国産ホップ品種「IBUKI」120株を植付け、ホップの試験栽培を開始。今秋は、栽培初年度ながら17.4 kgを収穫がありました。

日本産ホップの1つのキーワードにあがっている「テロワール」。地元産原料の特徴をどう出しているのか。ビールは、一乗寺ブリュワリー直営のビアパブ「BEER PUB ICHI-YA」を中心に飲むことができますので、興味のある方は飲みに行ってはいかがでしょうか。


◆一乗寺ブリュワリー Data

住所:〒606-8164 京都市左京区一乗寺出口町10-1

電話:075-702-2002(平日10:00〜17:00)

E-mail:info@kyoto-ichijoji-brewery.com

Homepage:http://kyoto-ichijoji-brewery.com

Facebook:https://www.facebook.com/IchijojiBreweryCompany/

Twitter:https://twitter.com/BreweryIchijoji

木暮 亮

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

日本ビアジャーナリスト協会ホームページにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。