今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

201991(日)1130(土)

【静岡】Hop Dude一族の住まう「West Coast Brewing」のフレッシュホップセゾン「NEW KICKS」

山口紗佳

ライター 山口紗佳

2019年、静岡県静岡市駿河区に誕生したWest Coast Brewingは、用宗漁港に面した日帰り温泉施設にあるブルーパブです。2月にタップルームがオープンして、6月に自社醸造がスタート。新しいブルワリーながらもビールの完成度の高さとユニークで、既にWCBブランドは全国でも知られるほどの知名度に。

ホップの海におぼれるラインナップ

ラインナップの中心はホップの香り豊かなビール。
イギリス、ドイツ産のモルトを使い、ビールのキャラクターを決めるホップはアメリカを中心としたドイツ、ニュージーランド、オーストラリア産などから高品質なものを厳選。
定番銘柄として、「Starwatcher」(IPA)、「Never Enough Bass」(ペールエール)、「No Clouds, No Problem」(イタリアンピルスナー)があり、毎週のようにわくわくさせてくれるビールをリリースしています。

▲WCBタップルーム、最大16タップのオリジナルが提供可能

「高品質なホップをふんだんに使ったビールづくりをモットーにしています。用宗みなと温泉でゆっくり湯船につかってリラックスした後に、ホップのきいたユニークなビールが味わえるブルワリーです」

そう話すのは工場長の丹羽智さん。
今年の春にOutsider BrewingからWCBにヘッドブルワーとして招かれました。
全国各地でブルワーを務めた豊富な経験を活かし、WCBの特徴であるホップの品質に気を配り、キャラクターを活かすビール醸造をしています。

▲天気の良い日は窓を全面開放、心地よい潮風を感じながら飲める

IBUKIを使ったブルワリー初のセゾンNEW KICKS【ニュー・キックス】

FHFに参加した理由について、次のように話す丹羽工場長。

「フレッシュホップをテーマにしたイベントに大変興味があったのと、新しいホップが出たらぜひ使ってみたいと考えていたこともあり、エントリーしました。国産ホップは栽培も維持も大変ですから、ブルワーとしてもぜひ応援したいと思っています」

こうしてリリースされたのが、WCB初のセゾンNEW KICKS【ニュー・キックス】
凍結粉砕の遠野産IBUKIとアメリカ、ニュージーランド産のホップを使い、ホップが主役ながらもスパイシーでオークバレルを思わせるようなアロマと程よい酸味を実現した、爽やかな秋風にピッタリのセゾン。

残念ながらNEW KICKSは既に完売してしまいましたが、ホップの良さを存分に引き出し、いつも飲み手を楽しませてくれるWCBのビールを今後もお楽しみに!

DATA

West Coast Brewing(WCB
所在地:静岡県静岡市駿河区用宗2丁目18-1 (用宗みなと温泉隣)
醸造開始日:2019年6月10日
HP:https://www.westcoastbrewing.jp/
※「NEW KICKS」は完売しています。

山口紗佳
ライター

1982年、愛知県出身静岡県在住。中央大学法学部法律学科卒業。
名古屋で結婚情報誌制作に携わった後、東京の編集プロダクションで企業広報、教育文化、グルメ、健康美容、ライフスタイル、アニメなど多媒体の制作経験を経て静岡でフリーライターに。静岡のビール事情をお伝えします。

実績:『静岡クラフトビアマップ県Ver.』『世界が憧れる日本酒78』(CCCメディアハウス)、『ビール王国』(ワイン王国)、グルメ情報サイト『メシ通』(リクルート)、静岡朝日テレビ・静岡FM放送「k-mix」出演等