第2回フレッシュホップフェスト2017

日本のホップ生産者とビールのつくり手、
そして飲む人を繋いでいきたい!

フレッシュホップフェストは、今年収穫した国産ホップでつくったビールを楽しむお祭りです。
昨年行われたイベントでは、19のブルワリーと22のビアバーが参加しました。

2017.8.9ニュース

ホップ関連ニュース(7月29日〜8月7日)

いよいよ8月になりましたね。各地で台風の被害が出ていますが、昨年、東北ではホップが台風による被害を受けました。今年は大きな被害が出なければいいのですが……。

さて、今週もホップ関連ニュースがいくつかのメディアで取り上げられていましたので、ご紹介しましょう。

 

「20年待った」ホップ博士 比類なき傑作ビール育む(8月2日、日経電子版)

「ホップ博士」村上敦司さんの育てたホップ「ムラカミセブン」がどうやって生まれたのか。これを読めばわかります。

 

京都・与謝野町「地域おこし協力隊」、奈良市出身の好地さんに辞令(8月2日、産経新聞)

京都・与謝野町の「地域おこし協力隊」がカボチャなどの栽培での経験を生かしてホップ栽培に関わるという記事。

 

いわて人模様 遠野緑峰高校草花研究班長 菊池礼雄さん(17) /岩手(8月3日、毎日新聞)

ホップの使用用途はビールだけじゃない。100%ホップ繊維で作られたホップ和紙を使い、高校生が「スライド式ランプシェード」を開発。

 

富江弘幸

ビアジャーナリスト・ビアライター

富江弘幸

1975年、東京都生まれ。法政大学社会学部卒業後、出版社でライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国に留学し、四川大学海外教育学院修了。帰国後は新聞社で書籍等の編集者に。現在はビアライターとして活動中。ビアジャーナリストアカデミーの講師も勤める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:『ビール王国』(ワイン王国)、『厳選世界のビール手帖』(世界文化社)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のクラフトビールが飲める120店』(エンターブレイン)など

Twitter:hiroyukitomie