今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

202091(火)1130(月)

Fresh Hop Fest 2020 オンライン会場はこちら

下関のホップ圃場に初めて芽吹いた記念すべき苗は?

Phantom Zebra

ビアジャーナリスト/ビアジャッジ Phantom Zebra

梅雨明けした沖縄と梅雨のない北海道を除き全国的に梅雨真っ只中ですが、圃場がある山口県下関市は関東と同じく6月11日(速報値)に梅雨入り。

新型コロナウイルスの影響で苗の到着が遅れたこともあり、グリーンファームとして初めての試みとなるホップの定植は6月3日。

それから一週間で雨の季節に突入。

連日の大雨で無事芽が出るか、ハラハラしていましたがようやく発芽しました。

記念すべき最初の芽は、コロンバスとクリスタルの2品種です。

発芽したコロンバスホップ (2020年6月19日撮影)

 

発芽したクリスタルホップ (2020年6月19日撮影)

定植したホップは全部で5種類。

新たな芽吹きの知らせを楽しみに待ちたいと思います。

DATA

障害福祉サービス事業所グリーンファーム
住所:〒750-0251 山口県下関市大字植田1398番1
ウェブサイト
Facebook

栽培品種:カスケード、センテニアル、チヌーク、クリスタル、コロンバス
栽培面積:2アール
購入方法:外販なし

★写真は全て障害福祉サービス事業所グリーンファーム様よりご提供いただきました。

Phantom Zebra
ビアジャーナリスト/ビアジャッジ

福岡県生まれ、饂飩県育ち、東京で麦酒覚醒
30年饂飩を打ち続けてきた元サラリーマン
現在、出張料理人 Phantom Zebra として活動中
ビール × 食 × 人、による楽しさを追及
ビアジャッジを取得し、日々ビールを勉強中
イベリア半島、映画、ラーメン、スパイス、行脚
城、滝、高層ビル、ドライブ、動物、虫、等々
大好きなことが一杯で体が三つ欲しいです
特技、麦芽カス饂飩、麻婆豆腐、カレー、神出汁
好きな言葉『なんとかなるしなんとかする』
新たなビールの世界、一緒に創り出しましょう!