今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

202091(火)1130(月)

Fresh Hop Fest 2020 オンライン会場はこちら

CRAFT BEER BASE Brewing Labがホップの魅力を引きだす新製法に挑戦

木暮 亮

木暮 亮

ビールを正しく広めることを信念としているCRAFT BEER BASE。醸造部のCRAFT BEER BASE Brewing Labは、よりビールを知り、ビールの素晴らしさをより伝えるために作られました。

2018年に醸造免許の交付を受けて醸造を開始したCRAFT BEER BASE Brewing Lab。フレッシュホップフェストは、2019年の初参加に続いて2回目の参加です(過去にビアパブとして参加経験あり)。

2020年のフレッシュホップフェストについて、代表取締役の谷和さんに話を聞きました。

フレッシュホップを使用すると何が変わるかを追求したい

――醸造部としては、2019年に続いての参加となります。CRAFT BEER BASE Brewing Labがフレッシュホップフェストに参加をした理由を教えてください。

谷:私たちは2015年から京都府与謝野町のホップ農家の活動を拝見してきました。はじめは料飲店部門として参加していましたが、醸造免許を取得したことで日本産ホップの生産活動にホップの利用者として関わることができるようになりました。フレッシュホップフェストには、自分達でもその想いや楽しみ方を伝えることが出来るのではと思い、参加することを決めました。

――料飲店部門だけではなく、醸造部門から関わることでフレッシュホップの魅力を深く伝えられると思います。

谷:そうですね。フレッシュホップは、手に入ることが難しいですし、限られた時期にしか造ることができません。年に一度のチャレンジだと思って参加をしています。

――フレッシュホップにどんな可能性を感じていますか。

谷:可能性というより、その特徴を体感したいです。普段は、ペレットホップを使用するしかないので、フレッシュホップを使用したら何が変わるのか探求心が湧いてきます。

――2019年は、ペレットホップとフレッシュホップ以外は同じレシピでビールを醸造して、違いがわかる工夫をされました。一緒に飲み比べられるので、違いが良くわかりました。

谷:2019年は、「フレッシュホップの特徴を検証する」というテーマでした。京都府与謝野町産のチヌークとカスケードを使用して、通常利用するアメリカ産ペレットホップとの違いを検証しました。ドライホップは行わない2つのアメリカンペールエールを造りました。

――比較するうえで、苦労した点はありますか?

谷:両方の特徴が出るようにレシピを考えるのは大変でした。

――9月9日に仕込みを行いました。2020年のフレッシュホップビールについて教えてください。

谷:2019年と同じアメリカンペールエールです。2020年は、京都府与謝野町産のカスケードを使用しました。フレッシュホップから水蒸気蒸留法(※)でホップオイルとフローラルウォーターを抽出して、発酵中のタンクに注入する方法でホップのフレッシュなアロマとフレーバーを付与する方法で醸します。

――珍しい製法ですね。

谷:熱をかけると揮発してしまう香気成分も再度冷却することで製品に付与することが出来ると期待しています。フレッシュホップからとれる精油成分はペレットホップより新鮮であると仮定してのチャレンジです。新鮮なフレッシュホップだからこそ試してみたいと思いました。フレッシュホップのみずみずしさが出ればいいですね。

――発売予定時期はいつぐらいになりそうですか。

谷:10月の上旬から中旬ぐらいになると思います。

――醸造を担当するブルワーはどなたでしょうか。

谷:醸造士の阿部淳哉さんです。

――どのようにフレッシュホップの特徴が表れるのか楽しみです。ありがとうございました。

※植物から精油成分を抽出する方法。原料となる植物を蒸留釜に入れて、水蒸気を送り込むことで、植物に含まれる精油成分が遊離、気化して、水蒸気と一緒に上昇します。この精油成分が混入した水蒸気を冷却層で冷やすと液体に戻りますが、精油は水には溶けない性質を持つため、水と精油の2層に分かれて溜まります。ここから水と分離して取り出すことで100%純粋の精油を得ることができます。

Data

CRAFT BEER BASE Brewing Lab

住所:〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-12-31

電話:06-6445-6510

ウェブサイト

Facebook

木暮 亮

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

日本ビアジャーナリスト協会ホームページにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。