今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

202091(火)1130(月)

Fresh Hop Fest 2020 オンライン会場はこちら

ナンバーナイン・ブリュワリーから初のフレッシュホップビールが登場

木暮 亮

木暮 亮

2019年10月31日、横浜・みなとみらい21新港地区にオープンした横浜ハンマーヘッド。その中にあるレストランQUAYS pacific grill(キーズパシフィックグリル)にフレッシュホップフェスト初参加となるNUMBER NINE BREWERY(ナンバーナイン・ブリュワリー)はあります。

名前の由来は、ブルワリーのある横浜・新港ふ頭9号岸壁。

ビールはアルコール度数が3.8%の「ハンマーヘッドエール」をはじめ、低アルコールで香りが強く何杯も飲みたくなるのが特徴。ブリューマスターの齋藤健吾さんは、「最高のスタートドリンクを目指しています」と言います。

フレッシュホップフェストの参加理由について「レギュラービールである『キーズ・ピルスナー』は日本産ホップ100%で醸造しています。フレッシュホップフェストの活動を通じて、日本産ホップが広まり、より高品質なホップの入手が容易になるよう期待したからです」と話します。

初のフレッシュホップビールは、キーズパシフィックグリルが提供するニューアメリカン料理(※)の定義でもあるFarm to Tableに沿って「Farm to Glass」と名づけたゴールデンエールです。

画像提供/NUMBER NINE BREWERY

ホップは山梨県北杜市の小林ホップ農園のカスケードのみを使用。「農場からテーブルへ。ホップ農園からグラスへ。そんなストーリーの元に生まれたビールです」と齋藤さん。

「Farm to Glass」はキーズパシフィックグリルで提供中です。ビアバーなどの料飲店での提供は未定です。横浜の海や夜景を眺めながら今しか味わうことができない旬のビールをお楽しみください。

※一つの特定した食文化やジャンルに属さない自由な発想の料理

商品情報

商品名:Farm to Glass

ビアスタイル:ゴールデンエール

アルコール度数:4.5%

IBU:32.2

Data

NUMBER NINE BREWERY

住所:神奈川県横浜市中区新港2-14-1 横浜ハンマーヘッド1F・2F

電話:045-900-0310

ウェブサイト

Facebook

Instagram

木暮 亮

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは1500種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

日本ビアジャーナリスト協会ホームページにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。