今年収穫した日本産ホップでつくったビールを楽しむお祭り

202091(火)1130(月)

Fresh Hop Fest 2020 オンライン会場はこちら

【青森】「奥入瀬麦酒館」にてフレッシュホップ・ビールとスペアリブを堪能!

くっくショーヘイ(佐藤 翔平)

フードペアリング インストラクター / ビアジャーナリスト くっくショーヘイ(佐藤 翔平)

■ モルトとホップの共演!「IBUKI」使用のフレッシュホップ・ビール

青森県十和田市「道の駅 奥入瀬ろまんパーク」内にある「OIRASE Brewery(一般財団法人十和田湖ふるさと活性化公社)」。
併設の地ビールレストラン「奥入瀬麦酒館」にて
「奥入瀬ビール フレッシュホップ」が絶賛開栓中です!!

エールモルトをベースに、ビターホップに「ザーツ」、
アロマホップに岩手県遠野産「IBUKI」の凍結粉砕ホップを使用しました。モルトの甘い風味とフレッシュホップの爽やかなフローラルの香りがベストマッチし、
飲むと軽い苦みが口の中に広がります(アルコール度数 5%)。
<ご担当者コメントより>

ビールについての詳細はこちらもどうぞご覧ください。

■ スペアリブを食らう!ビールをゴクリ!幸せです!

大自然に囲まれており、ゆっくりとくつろげる同レストラン。
地元の新鮮な農産物を用いた料理をビールと共に堪能できます。

「奥入瀬ガーリックポークを使用した奥入瀬スペアリブ」が特におススメ。
ニンニク粉末を飼料に混ぜることで抗生物質の添加を抑えた十和田市のブランド豚で、
臭みが少なく旨み成分が多いのが特徴です。

これを同所の「ヴァイツェン」に漬け込んでさらに柔らか~く仕上げた逸品です!!
(お土産用もレジにて販売しております)

ストレスフリーな「奥入瀬ガーリックポーク」は臭み少なく、旨味たっぷりだ。

ビールとスペアリブ、それぞれ両手に華を持って
十和田の味わいを堪能してみてはいかがでしょうか?

定番は「ピルスナー」「ダークラガー」「ヴァイツェン」「アンバーラガー」。
数々の受賞歴を持つ「奥入瀬の源流水×本場チェコに学んだ技術」のビールをぜひ現地で。

※少量生産、期間限定の商品のため、最新の開栓情報につきましては
各店舗の公式HPやSNSなどでご確認お願いいたします。
※只今、食事での地域共通クーポンを申請中。

—–SHOP DATA—–
地ビールレストラン『奥入瀬麦酒館』
青森県十和田市大字奥瀬字堰道39-1
TEL : 0176-72-3231
HP : http://www.oirase.or.jp/beer/beer.htm
Facebookはこちら
————————–

くっくショーヘイ(佐藤 翔平)
フードペアリング インストラクター / ビアジャーナリスト

▷くっくショーヘイ
Instagram
Facebook
Twitter

【もっと、ビールは楽しめる。】をモットーに活動しています。

平成元年生まれ。宮城県出身。岩手で学生時代を過ごす。
卒業後、初めて飲んだ「酸っぱいビール」に感動を覚えて以来、3000種以上のビールを飲んではメモをつけている「ビール変態」であり、お酒をこよなく愛する「資格マニア」。
調理経験を活かし、フードペアリングを中心とした記事を「週刊現代」「Get Navi」など各雑誌に掲載&同アカデミーの講師も務める。
日本地ビール協会公認「シニア・ビアジャッジ」として各種世界ビアコンペでの審査も行う。

■保有資格一覧
日本地ビール協会公認 シニア・ビアジャッジ
同上   公認 ビアコーディネーター
ジャパンビアソムリエ協会公認 ビアソムリエ
日本ソムリエ協会公認 ソムリエ
同上   公認 SAKE DIPLOMA
日本酒匠・サービス研究会公認 唎酒師
同上      公認 焼酎唎酒師
日本ウィスキー文化研究所公認 ウィスキーエキスパート
チーズプロフェッショナル協会公認 コムラード・オブ・チーズ

■コラム
ペアリング:「【27連投!!】「買うだけ」で至福のペアリング」「宅ビアさんの今宵飯
ティスティング:「ビールが何日で「本来の」味になるのか検証してみた。」「美味しいビールの条件」「100均で揃える「三種の神器」」「ティスティングレポート
クラフト:「気分で替える着脱式王冠バッジ」「ラベル保存術
店舗紹介一例:「Revo Brewing Co.」「Highbury-Home of Beer-

■記事・出演など
『日経プラス1』:地ビールの祭典 飲めば陽気に
『週刊女性』:ビールがすすむ旨つまみ23
『SPA!』:安くてもウマい食品の見分け方
『週刊現代』:ノンアルコール・ビールの秘密
『ビール王国』:No.14
『Get Navi』:家飲みのゴク意シ“ビア”にcheckビアジャーナリストに訊いた「秋の夜長」に味わうべきクラフトビール10選
『講談社』:イオンの78円ビール「バーリアル」、ここへきてバカ売れの理由
『日本マッケイン・フーズ株式会社 FABEX デモンストレーション講師』など

・『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』出演
・キリンビール『グランドキリン』特設サイト『マイビアクエスト』内ペアリングを全監修
その他、『ビアジャーナリストアカデミー』『アカデミー・デュ・ヴァン』をはじめとした各種講師経験多数あり